事業内容

人と環境にやさしい企業であるためのNRSの取り組み。

リサイクルシステム

エネルギーの再資源化(エコエネルギー)

NRSは、100%廃棄物発電によるクリーン電力で操業している企業です。


再生利用できず焼却処分される廃棄物を単純に焼却処理するのではなく、北九州エコタウン内の発電施設へと納入し、さらにその発生した電力(=エコエネルギー)を購入することで、エネルギーの再利用を行っています。
環境都市・北九州市と共に、資源循環型社会の形成と環境調和型のまちづくりを目指しています。リサイクル残渣などの産業廃棄物を溶解処理し、スラグやメタルとして溶解物を再資源化するとともに、発生する熱を利用した発電を行い、その電力をエコタウン企業に供給することで、エネルギーの循環を行っています。
これは、福岡県内にある建設系廃棄物のリサイクル企業では、NRSだけの取り組みです。

エネルギーの再資源化説明図

運行管理システムの導入

NRSは、お客様のご要望と向き合う努力をしている企業です。


広域収集から小口回収まで幅広く対応できるのは、独自の運行管理システムを構築しているからです。
保有しているすべての収集運搬車両には、GPS(Global Positioning System)による動体管理システムを搭載しています。お客様からの急なご要望も最短距離にある車両をリアルタイムで割り出すことで、スピーディにお応えすることが可能なだけでなく、無駄な走行を減らすことでCO2削減にもつながります。
その他にも適正に産業廃棄物が運搬されたかどうかを証明することができるなど、GPSは環境に配慮したシステムなのです。


また環境にやさしいエコドライブ実施を徹底するために、収集運搬車両にデジタコ(Digital tachograph)を導入しています。日々の運行データを収集・分析を行うことにより、エコドライブを意識付け、作業の効率化を図ります。各ドライバーが安全運転を心掛けると、速度超過やアイドリング、急加速による不必要なCO2の排出が抑制され、燃費向上や環境への負荷軽減に役立ちます。


さらに遠隔監視システムで安心と安全をご提供するために各施設へWebカメラを導入・設置しています。それぞれの処理が適正に行われているかどうか、各施設内を24時間オンラインで管理することができます。

運行管理システムの導入説明図

広域再生ネットワーク構築

NRSは、広域再生ネットワークを確立し続ける企業です。


リサイクルできる産業廃棄物は、地球環境を守るための大切な資源です。処理後の廃棄物は、できる限りNEXT STEP(再生)へ。
より多くの再生資源を回収・再製品化するために、様々なネットワークを築くことで処理・運搬・再生の輪をつなぎ、再資源化率の向上に努めています。破砕や圧縮などの中間処理を行った廃棄物は、九州管内のパートナー企業の下へと搬入され、用途に応じた再生処理を行っていただきます。
残された資源を大切にするだけでなく、排出された廃棄物を可能な限り利用しながら、循環型社会を目指します。

広域再生ネットワーク構築説明図
産業廃棄物のリサイクルシステムに関するお問い合わせ・ご依頼は下記方法にてご連絡ください。

メールでのお問い合わせはこちらへ

お電話でのお問い合わせは093-752-6100へ

総合配車センターは0120-505-530へ