事業内容

西日本でもトップクラスの廃石膏ボード処理施設

廃石膏ボードリサイクル事業

自社開発の大型廃石膏ボード処理施設で日量80tの処理能力。

新築・解体の建設工事から発生する廃石膏ボード・住宅等の建築建材を製造されている工場から発生する廃石膏ボードを現場から直接搬入する事が可能です。また中間処理施設からも受け入れておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

リサイクルフロー

石膏ボードはリサイクル可能な資源です。
新築工事や解体の建設現場などから発生する廃石膏ボードを各業者様から収集し、リサイクルすることで環境への配慮はもちろん、大切な資源を無駄なく利用することができます。
大型コンテナが5ピット入るストックヤードを完備した廃石膏ボード処理施設で適正に安全に処理し再原材料化します。
廃石膏ボード処理フロー図(PDF PDF:75.4kb)はこちら

受入基準

廃石膏ボードの品質・状態により、以下の区分の通り取扱い致します。

 受入可能
廃石膏ボードA品 新築端材品(異物・付着物無し)
廃石膏ボードB品 改修・解体端材品(タッカー、ビスの付着物有り/接着剤の付着物有り/ビニールクロスの付着物有り)
廃石膏ボードC品 複合端材品(岩綿吸音板の付着物有り※アスベストを含まないもの/石膏ボード入りパーティション※事前要相談)
廃石膏ボードD品 タイル・モルタル・土砂等ミンチ状のものが混入し、選別不可能な状態・濡れボード(水が石膏部分まで浸透している状態)
石膏粉 破砕した石膏粉(搬入前に品質確認が必要な為、サンプルを頂きます)
剥離紙 破砕後の石膏紙(搬入前に品質確認が必要な為、サンプルを頂きます)
 受入不可
管理型処分品等 アスベストを含有しているもの
※受け入れは全て重量によって行います。
※石膏の品質保持・プラント保護の為、投入不可品物は返品させて頂きます。
※検品は弊社受入担当員によって行い、品質等級を決定させて頂きます。
 受入可能日/平日9:00~17:00
 ご不明な点などございましたら、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

取り引き範囲

九州全域・中国地方の中間処理施設より積極的に受け入れを行っています。
※各事業所へと直接お持ち込み頂くこともできます。
収集可能地域は左図の通りです。

詳細は産業廃棄物収集運搬業ページをご覧ください。

廃石膏ボードリサイクル事業に関するお問い合わせ・ご依頼は下記方法にてご連絡ください。

メールでのお問い合わせはこちらへ

お電話でのお問い合わせは093-752-6100へ

総合配車センターは0120-505-530へ