石膏ボード資源リサイクル協会のご案内

石膏ボードの再資源化を推進します。

このたび、九州発の石膏ボード再資源化を推進するために、株式会社NRSと大東商事株式会社(熊本市)、株式会社中央環境(長崎市)の3社が中心となり、石膏ボードの再資源化を推進する「石膏ボード資源リサイクル協会」を設立いたしました。


西日本エリアを3つの地域に分け、九州圏内にある産業廃棄物中間処理業者の3社を中心として各拠点の利便性や合理性を図ることで、リサイクルを基本とする広域処理を行います。さらに再生石膏粉を使用する三菱マテリアル株式会社 九州工場とが連携することで、九州発の安全・安心・安定を前提とした石膏ボードリサイクルシステムの構築が可能となりました。


現在、高度経済成長期に建設された建物の老朽化が進み、建物の解体工事の受注件数は大幅に伸びてきていますが、中間処理施設に持ち込まれる量にはあまり変化がなく、発生する多くの石膏ボードは管理型処分場で処分されています。
当協会はこの状況を改善すべく、発生する石膏ボードが安定的に中間処理施設に持ち込まれ、適正に資源へとリサイクルされるようネットワークを強化し、西日本エリアでの石膏ボードリサイクルが進むことを目的として活動していきます。
何卒宜しくお願いいたします。


今後は受け入れ出荷量の増大に伴い、各エリアでの新規会員を募って参りますので、お問い合わせや会員ご希望の方は、お電話またはメールにてお問い合わせください。(担当:久保田)

協会について

団体名 石膏ボード資源リサイクル協会
設立主旨 廃石膏ボード再資源化の推進
安全・安心・安定を前提とした石膏ボードリサイクルシステムの構築
事務局 〒808-0021 福岡県北九州市若松区響町1丁目79番1(NRS本社内)
TEL.093-752-6100  FAX.093-752-6111
会 員 株式会社NRS・大東商事株式会社・株式会社中央環境
準会員 三菱マテリアル株式会社 九州工場
組 織 会 長 中山 卓(株式会社NRS 代表取締役)
副会長 小原隆二(大東商事株式会社 専務取締役)
副会長 上田恭久(株式会社中央環境 代表取締役)